So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

養母が主張「保険金の受取人は私たちではない」…大阪ポリ袋死体遺棄事件(スポーツ報知)

 大阪府高槻市の淀川堤防で4月29日、ポリ袋に詰められた宇野津由子さん(当時36歳)=大阪府豊能町=の遺体が見つかった死体遺棄事件について、津由子さんの養母(35)が23日、豊能町の自宅前でスポーツ報知の取材に応じ「保険金の受取人は私たちではない」と主張した。

 18日に京都・舞鶴で自殺した津由子さんの養父(当時39歳)=内装業=の葬儀から2日たったこの日午後、車で子どもたちとの外出から帰宅した養母には笑顔も見られたが、本紙が直撃すると「何について話すんですか」と表情が一変。「津由子さんには3人の子供がいる。その子らが保険金の受取人です」と“年上の養子”に掛けられていた少なくとも計約2100万円の死亡保険金について、自身は無関係だと強調した。

 津由子さんと養子縁組した経緯については「津由子さんは国民健康保険料をずっと払っていなかったから、保険証が作れなかった。それで、向こうから頼まれて養子縁組した」と説明。また、事件のカギを握っていた養父が自殺した理由については「(今回の騒動で)仕事をすべて失ったからでしょう」と推測していた。

 養父の自殺により捜査が難航しているが、ある近隣住民は「誰が犯人かは別にして、警察は早く捕まえてほしい」と不安げ。2年前に養母の実母(当時52歳)が同町で“不審死”を遂げたことも挙げ、住民は「あの時もモヤモヤしたものだけが残った。今回は灰色決着だけは許さない」と話していた。

 【関連記事】
ポリ袋 豊能町 養子縁組 を調べる

大雨で1764世帯に避難勧告…兵庫・西脇市(読売新聞)
<H2Aロケット>打ち上げ成功 衛星の開発者ら「感動の笑み」(毎日新聞)
種牛忠富士を殺処分、周囲5頭10日経過観察(読売新聞)
修正、現行アセス範囲内で=米側が要求―普天間移設(時事通信)
<エベレスト>13歳と50歳の世界記録誕生(毎日新聞)

囲碁 羽根の先手番で火ぶた 本因坊戦第1局(毎日新聞)

 羽根直樹本因坊(33)に山下敬吾天元(31)が挑む第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局が11日、北海道小樽市のグランドパーク小樽で始まった。

 3連覇を目指す羽根に対し、山下は本因坊初挑戦。だが、山下は昨年の天元戦、今年の棋聖戦、十段戦に次いで4回連続のタイトル戦登場。現代囲碁界を引っ張る両雄がどんな碁を見せてくれるのか。「ニギリ」の結果、羽根の先手番で戦いの火ぶたが切られた。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で
囲碁:アジア大会へプロ棋士派遣
囲碁:早慶、15回の授業で単位取得
囲碁:飛田さんが女流アマ選手権初優勝
羽生善治王将「大きな勝負が続くので頑張りたい」

客の保険払戻金を詐取 元郵便局員ら2人を逮捕(産経新聞)
橋下府知事「維新の会の候補は選挙費用を負担してもらう」(産経新聞)
「国民いらだち」支持率20%割れ調査で首相(読売新聞)
「全日空商事」元社員ら、8600万円の詐欺で逮捕 架空業務発注(産経新聞)
ボーナス7%カットへ=人件費10%減の市長公約達成−名古屋市(時事通信)

弁護士増に対抗 「士業者」連携 顧客つかめ 司法、行政書士ら横断型サイト(産経新聞)

 司法制度改革で急増した弁護士が、これまで敬遠していた仕事も受任するようになったことに対抗して、司法書士や行政書士など弁護士以外の「士業(しぎょう)者」がインターネットサイトを使い連携しあう動きが活発化している。関西の士業者による交流会は税理士や社会保険労務士など10士業者による横断型の検索サイトを立ち上げた。当初は弁護士も参加していたが、弁護士会が「非弁だ」とクレームをつけるなど、お互いの「職域」をめぐる綱引きが激化している。

 弁護士白書によると、平成21年3月現在の弁護士数は2万6930人で10年前の約1・5倍に急増。この結果、これまで弁護士が受任することが比較的少なかったとされる従業員の不当解雇や交通事故のトラブル、養育費の支払い請求など、報酬が数万円程度の案件も積極的に受任する若手弁護士が増えているという。

 一方、弁護士以外で法律にかかわる士業者は司法書士や行政書士のほか、税理士、公認会計士、社会保険労務士など多岐にわたる。しかし、それぞれの担当業務が熟知されているわけではなく、依頼者はだれに相談すればよいか分からず、探し方も知らないのが現状だった。

 こうした中、大阪や神戸の若手士業者らでつくる「関西士業交流会」を主宰する社会保険労務士の天野勝規さん(33)が顧客の開拓と利便性向上を図ろうと、20年2月に士業者検索サイト「まほろば」を開設。現在は税理士や社会保険労務士など10種類の士業者約250人が登録し、毎月2万人が閲覧するまで成長した。

 まほろばには当初、弁護士も登録していたが、士業者の非弁活動をめぐり監視を強めている大阪弁護士会が「弁護士の選定に関与すれば非弁活動にあたる」とクレーム。このため、今年1月末に弁護士の登録を抹消した。

 職域をめぐって「弁護士」対「他士業」の構図が鮮明になる中、まほろばのメンバーは士業者同士のネットワークを生かした「ワンストップサービス」にも乗り出した。例えば、依頼者から遺言の相談を受けた司法書士が、サイトに登録している税理士に相続税の相談を引き継ぐなど、顧客の“囲い込み”で対抗している。

 天野さんは「今後はインターネットにとどまらず、別の士業者同士が事務所を合併するなどつながりを深めることで『ワンストップ化』をより強化する流れになるのでは」と話している。

【関連記事】
45歳白羽の矢!八代弁護士、俳優デビュー
学校現場の「問題」解決を支援 弁護士、精神科医らがチーム 千葉
僧侶に税理士…“専門家バー”活況 ほろ酔い気分でお勉強 
沢尻エリカ、弁護士と離婚協議打ち合わせ
中国の人権派弁護士、再び行方不明に
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

「牛と衝突」軽乗用車大破、男性重傷 (読売新聞)
鳩山首相と小沢幹事長に「辞任要求」 「1年生」横粂議員たった一人の反乱(J-CASTニュース)
<たこ焼き>爪楊枝か、割りばしか…食べ方いかに?(毎日新聞)
管理栄養士国試の合格率、32.2%(医療介護CBニュース)
【話題の本】『朝イチでメールは読むな! 仕事ができる人に変わる41の習慣』(産経新聞)

山崎さん無事帰還 「天からのご褒美…感無量」 両親、つくばで喜びの会見(産経新聞)

 「天は直子に最高のご褒美を与えてくれた」「本当に良かったね」

 山崎直子さん(39)が帰還した20日深夜から21日未明にかけて、両親の角野明人さん(73)と喜美江さん(67)は宇宙航空研究開発機構(JAXA)の筑波宇宙センター(茨城県)で、喜びの会見を行った。

 国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」を運用する管制室の大型スクリーンで、現地からの中継映像を見つめた角野さん夫妻。大気圏の再突入を無事に終え、米スペースシャトル「ディスカバリー」の機体が見えてきた瞬間、喜美江さんは「もうこれで大丈夫だ」と安堵(あんど)して思わず手をたたいたという。

 会見の途中、背後のスクリーンに、初めて着陸後の山崎さんの姿が映り、会見は一時中断。「直子だ、直子だ」とつぶやきながら2人でスクリーンを指さし、現地の関係者と談笑する山崎さんの姿を、食い入るように見つめた。

 明人さんは「無事の帰還を信じていた。揚々と胸を張って降り立った姿に感無量です」と興奮した表情。喜美江さんは、訓練と家庭の両立で苦労した山崎さんの10年間を振り返り、「万感の思い。血のにじむような努力で飛行を成し遂げた。今まで直子を支えてくれた皆さんに本当にお礼を言いたい」と涙ぐんだ。

 JAXA関係者は「山崎さんの任務は完璧(かんぺき)だった。シャトルの着陸も、引退が惜しいくらいきれいだった」と語った。

【関連記事】
「地球の自然感じることできてうれしい」 山崎さんが感謝の言葉
宇宙飛行士の妻のため…“主夫業”歩んだ山崎大地さんのイバラ道
山崎さん、日本文化多く発信 随所に女性らしさ
山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲
シャトル退役 問われる日本の役割

「住宅エコポイント」窓の断熱に人気 店や自治体、独自の動きも(産経新聞)
都心で41年ぶり遅い雪 上越新幹線運休、交通乱れ(産経新聞)
捜査報償費、協力者に支払わず=愛媛県側が逆転敗訴−高松高裁(時事通信)
<OBサミット>核兵器禁止条約の締結など提言し閉幕 広島(毎日新聞)
<殺人>小3長男殺害の疑い 自首の母親逮捕、福島・郡山(毎日新聞)

「法廷で真実話して」…歩道橋事故強制起訴(読売新聞)

 兵庫県明石市の歩道橋事故から8年9か月。明石署の榊和晄(かずあき)・元副署長(63)が20日、一般人で構成する検察審査会での起訴議決を経て、強制起訴された。

 遺族らは「法廷で真実を話してほしい」と訴えている。一方、「市民による起訴」にこぎ着けた指定弁護士は起訴後に記者会見し、公判での有罪立証に自信を示すとともに、「これからが本番」と気を引き締めた。

 事故で次男の智仁ちゃん(当時2歳)を亡くした下村誠治さん(51)は、「心にぽっかり開いた穴を埋めようとしてきた。3年、4年かかっても真実を知りたい」と語る。

 下村さんは今後、指定弁護士に会って、被害者参加制度で公判に参加できるよう手続きを要請する考えだ。自ら法廷で榊元副署長に質問することを念頭に、「証言と矛盾する点があれば突っ込んでいきたい。これまでどんな責任を感じてきたのか直接言葉を聞いてみたい」と述べた。

 また、長女の千晴(ちはる)ちゃん(当時9歳)と長男の大(だい)君(同7歳)を亡くした有馬正春さん(51)は、これまで民事、刑事の裁判のほとんどを傍聴してきた。業務上過失致死傷罪に問われた同署元地域官の金沢常夫被告(60)(上告中)の公判では、証人として出廷した榊元副署長の証言を聞き、「現場に責任を押しつけている」と失望感を抱いたという。

 有馬さんは、強制起訴について「証人と被告では重みが違う。元副署長は真実を語り、有罪という形で責任を取ってほしい」と話した。

 ◆指定弁護士「身引き締まる」◆

 起訴後に記者会見した指定弁護士の安原浩弁護士は、「睡眠不足を押してやっとここまで来たが、立証活動を考えると、身が引き締まる思いだ」と話した。遺族が被害者参加制度を利用して公判に参加する意向を示していることについては、「しっかりサポートし、密接に連絡を取りたい」と述べた。

 事前の警備計画に関する過失も訴因に加えたことに関しては、「直近の過失として事故当日を最優先に考えたが、これを否定された場合のために事前の警備計画も盛り込んだ」と説明した。

 ◆地検「協力していく」◆

 神戸地検の小寺哲夫・次席検事は起訴について「指定弁護士が今後も円滑に職務の遂行ができるよう、引き続き、執務室の提供など可能な範囲で必要な協力をしていきたい」とのコメントを出した。

          ◇

 兵庫県警は、強制起訴を受け、田中登士(たかし)・県民広報課長が「当時の関係職員が起訴されたことを厳粛に受け止めるとともに、改めて亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。今後も引き続き、県民の安全を守るため、雑踏警備に万全を尽くしていきたい」とのコメントを発表した。

<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)
BoA、約2年ぶりの全国ツアー最終公演=「やりたい音楽を続けたい」(時事通信)
「若い女性に興味あった」女子中学生2人にわいせつ 少年指導員の男逮捕(産経新聞)
本屋大賞に冲方丁さん(時事通信)
仙谷戦略相に苦言=増税争点の解散発言で−大塚内閣府副大臣(時事通信)

裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け−静岡地裁支部(時事通信)

 先輩の隊員を銃剣で切り付けたとして、殺人未遂罪に問われた陸上自衛官片岡淳弥被告(20)の裁判員裁判で、静岡地裁沼津支部(片山隆夫裁判長)は14日、懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
 片山裁判長は、被告が被害者と示談を成立させ、懲戒免職が見込まれているとし、「社会の中で更生の道を歩ませるのが相当」と述べた。
 判決後に記者会見した裁判員経験者らは「被告が自衛隊員であることは特に意識しなかった」(男性)、「自衛隊員ということは気にせず、事実そのものを考えた」(30代女性)などと語った。
 判決によると、片岡被告は昨年9月21日、静岡県小山町の富士駐屯地で、先輩隊員の首を背後から銃剣で切り付けた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに「おカネ持ちが判決」
裁判員対象除外を申請=暴力団幹部の爆発物事件
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視
復職へ「まだ通過点」=勝訴の阿久根市職員が会見

太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
小型カメラで“旅情”も体感 鉄道模型走行会(産経新聞)
年金減額「適法」確定=りそな銀退職者の上告退ける−最高裁(時事通信)
<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)
奈良公園のシカ殺害、30代男きょうにも強制捜査(産経新聞)

口座指定し現金要求=元常務理事「ちゃんとやる」−家具厚生年金基金汚職・警視庁(時事通信)

 東京都家具厚生年金基金の汚職事件で、元常務理事の三枝正久容疑者(69)が、当初は贈賄側から現金提供の申し出を受けていたが、常任顧問就任後は銀行口座を指定し、要求するようになったことが10日、捜査関係者への取材で分かった。
 随意契約は約14年間続いたが、業者は契約打ち切りに不安を感じていたといい、警視庁捜査2課は同容疑者が業者の弱みに付け込み、要求を強めたとみて調べている。
 捜査関係者によると、三枝容疑者は1995年、同基金の業務全般に権限を持つ常務理事に就任。翌96年4月、ビル管理会社「塚田美研」(港区)に、同基金が入る家具年金会館の管理業務を委託する随意契約を締結した。
 同社社長の塚田康子容疑者(69)は「随意契約が始まって10年たち、そろそろ契約を切られるんじゃないかと思った」と供述。わいろ提供を申し出て、2005年8月から都内の飲食店などで現金を渡し始めた。
 三枝容疑者は07年に常任顧問に就任したが、塚田容疑者には「顧問になっても、ちゃんとやるから大丈夫」と言い、自分の銀行口座を指定して金を要求するようになった。 

【関連ニュース】
常務就任翌年から随意契約=14年、他社から見積もり取らず
都家具厚生年金基金の元常務逮捕=690万収賄容疑
収賄の元みどり市課長に懲役2年=前橋地裁
贈賄側会社社長に有罪=在留手続き汚職
元岩出市部長らを再逮捕=公共工事で贈収賄

米寿祝いの宴会費ひったくり=67万円入りバッグ−名古屋(時事通信)
「衝撃音なく気づかなかった」ひき逃げ容疑の男逮捕(産経新聞)
<太陽光発電>リニア跡地利用し実験場 宮崎に施設が完成(毎日新聞)
佳子さま、学習院女子高等科へご入学(産経新聞)
中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府(産経新聞)

<山崎直子飛行士>ISSが日本海上空を通過(毎日新聞)

 初めて日本人宇宙飛行士2人が同時に滞在している国際宇宙ステーション(ISS)が8日早朝、日本海の上空を通過した。福岡市では午前5時1分から約3分間、太陽光を反射して輝く明るい光が西から北東の空へゆっくりと横切った。

 ISSには昨年12月から、野口聡一宇宙飛行士が長期滞在中。さらに、7日には山崎直子宇宙飛行士を乗せて打ち上げられたスペースシャトル「ディスカバリー」がドッキングし、2人の対面が実現した。

 北部九州、山口では10日午前4時17分ごろにも北の空で観測のチャンスがある。見晴らしが良く、街明かりの影響の少ない場所が観測には適しているという。ISSの詳しい軌道情報は宇宙航空研究開発機構(JAXA)のホームページで公開されている。【野田武】

【関連ニュース】
山崎宇宙飛行士:ISSで野口宇宙飛行士と対面
スペースシャトル:アンテナに不具合
シャトル:「ママ頑張って」山崎さんに家族らエール(1/3ページ)
スペースシャトル:山崎直子さん、物資移送責任者の重責
スペースシャトル:山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ

氏名も生年月日も同じ、別人の口座差し押さえ(読売新聞)
砂川事件文書を開示=外務省、不存在から一転−日本側「密談」速記録(時事通信)
何かに光を当てる醍醐味 工作家・中島麻美さん(産経新聞)
生きる 募金1365万円、全国29団体に(毎日新聞)
【風】現役世代、それぞれの思い(産経新聞)

美人すぎる市議や進次郎も参加 政治家60人のブログサイト開設(産経新聞)

 サイバーエージェント(東京都渋谷区)は1日、国会議員50人を含む政治家60人のブログを閲覧できるサイト「Ameba政治家ブログ」を開設した。“美人すぎる市議”として知られる青森県八戸市の藤川優里市議や、小泉進次郎衆院議員ら人気政治家も参加、アクセス上位にランクインしている。

 【フォト】若返りアピール 美男美女が揃い踏み

 サイトは、同社のブログサービス「Ameba」を今まで利用していた政治家10人に加え、新たに50人の参加を呼びかけたもの。現在、ネットでの選挙運動解禁をめぐる議論が高まっているが、同社では公職選挙法改正が実現した場合、政治家からの情報発信や、有権者との交流に使えるサイトを目指すという。

 リアルタイムに書き込みができるミニブログサービス「Amebaなう」の利用も促進。さらに、国会議員の参加を呼びかける説明会を7、8日、東京・永田町の参院議員会館で開催する。

【関連記事】
「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意” 小泉進次郎氏前に
自民、全国遊説に「美人すぎる市議」活用
小泉進次郎が本会議デビュー「ヤジ多いほど燃える」
地方選善戦も自民隠し 「風」生かせぬ執行部
新しい政治のあり方とは? ネット選挙運動、議員もユーザも熱い議論
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

参院長野に2人目=県連頭越しで小沢氏決定−民主(時事通信)
車火災 幼い姉弟4人死亡 駐車中の車燃え 北海道(毎日新聞)
堀江被告財産への強制執行停止、競売も中止に(読売新聞)
ボディスキャナーで透撮チェック 成田空港でも(レスポンス)
足利事件 「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。