So-net無料ブログ作成
検索選択

最高裁 「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負(毎日新聞)

 15日付で最高裁判事に就任した前東京高裁長官の白木勇(ゆう)氏(64)が最高裁で会見し「公平、誠実を旨として気力、体力を振り絞って職責を果たしたい」と抱負を語った。

 約40年の裁判官生活では、主に刑事裁判を担当してきた。「裁判長になって裁判をすることへのおそれを強く抱くようになった。今後も同じ気持ちを持ち続ける」と語った。

 裁判員制度については「順調に船出できたが今後、本格的な否認事件や複雑な事件の裁判が始まる。真価が問われるのはこれから」と述べた。【銭場裕司】

【関連ニュース
裁判員裁判:取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁
耳かきエステ店員殺害:29日に公判前整理手続き
量刑検索システム:誤入力新たに19件 10件が判決主文
裁判員制度:対象事件で1212人起訴
東京地裁:民事訴訟最多4万4千件 過払い金請求が急増

交番の巡査、落とし物の19万円ネコババ(読売新聞)
日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ(産経新聞)
直木賞は佐々木譲、白石一文の2氏=芥川賞は該当作なし(時事通信)
火災 別府でアパートや民家26棟全焼 2人が不明(毎日新聞)
回らぬ風車、控訴審判決は「つくば市の過失が大」早大の賠償を減額(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。