So-net無料ブログ作成

養母が主張「保険金の受取人は私たちではない」…大阪ポリ袋死体遺棄事件(スポーツ報知)

 大阪府高槻市の淀川堤防で4月29日、ポリ袋に詰められた宇野津由子さん(当時36歳)=大阪府豊能町=の遺体が見つかった死体遺棄事件について、津由子さんの養母(35)が23日、豊能町の自宅前でスポーツ報知の取材に応じ「保険金の受取人は私たちではない」と主張した。

 18日に京都・舞鶴で自殺した津由子さんの養父(当時39歳)=内装業=の葬儀から2日たったこの日午後、車で子どもたちとの外出から帰宅した養母には笑顔も見られたが、本紙が直撃すると「何について話すんですか」と表情が一変。「津由子さんには3人の子供がいる。その子らが保険金の受取人です」と“年上の養子”に掛けられていた少なくとも計約2100万円の死亡保険金について、自身は無関係だと強調した。

 津由子さんと養子縁組した経緯については「津由子さんは国民健康保険料をずっと払っていなかったから、保険証が作れなかった。それで、向こうから頼まれて養子縁組した」と説明。また、事件のカギを握っていた養父が自殺した理由については「(今回の騒動で)仕事をすべて失ったからでしょう」と推測していた。

 養父の自殺により捜査が難航しているが、ある近隣住民は「誰が犯人かは別にして、警察は早く捕まえてほしい」と不安げ。2年前に養母の実母(当時52歳)が同町で“不審死”を遂げたことも挙げ、住民は「あの時もモヤモヤしたものだけが残った。今回は灰色決着だけは許さない」と話していた。

 【関連記事】
ポリ袋 豊能町 養子縁組 を調べる

大雨で1764世帯に避難勧告…兵庫・西脇市(読売新聞)
<H2Aロケット>打ち上げ成功 衛星の開発者ら「感動の笑み」(毎日新聞)
種牛忠富士を殺処分、周囲5頭10日経過観察(読売新聞)
修正、現行アセス範囲内で=米側が要求―普天間移設(時事通信)
<エベレスト>13歳と50歳の世界記録誕生(毎日新聞)

囲碁 羽根の先手番で火ぶた 本因坊戦第1局(毎日新聞)

 羽根直樹本因坊(33)に山下敬吾天元(31)が挑む第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局が11日、北海道小樽市のグランドパーク小樽で始まった。

 3連覇を目指す羽根に対し、山下は本因坊初挑戦。だが、山下は昨年の天元戦、今年の棋聖戦、十段戦に次いで4回連続のタイトル戦登場。現代囲碁界を引っ張る両雄がどんな碁を見せてくれるのか。「ニギリ」の結果、羽根の先手番で戦いの火ぶたが切られた。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で
囲碁:アジア大会へプロ棋士派遣
囲碁:早慶、15回の授業で単位取得
囲碁:飛田さんが女流アマ選手権初優勝
羽生善治王将「大きな勝負が続くので頑張りたい」

客の保険払戻金を詐取 元郵便局員ら2人を逮捕(産経新聞)
橋下府知事「維新の会の候補は選挙費用を負担してもらう」(産経新聞)
「国民いらだち」支持率20%割れ調査で首相(読売新聞)
「全日空商事」元社員ら、8600万円の詐欺で逮捕 架空業務発注(産経新聞)
ボーナス7%カットへ=人件費10%減の市長公約達成−名古屋市(時事通信)

弁護士増に対抗 「士業者」連携 顧客つかめ 司法、行政書士ら横断型サイト(産経新聞)

 司法制度改革で急増した弁護士が、これまで敬遠していた仕事も受任するようになったことに対抗して、司法書士や行政書士など弁護士以外の「士業(しぎょう)者」がインターネットサイトを使い連携しあう動きが活発化している。関西の士業者による交流会は税理士や社会保険労務士など10士業者による横断型の検索サイトを立ち上げた。当初は弁護士も参加していたが、弁護士会が「非弁だ」とクレームをつけるなど、お互いの「職域」をめぐる綱引きが激化している。

 弁護士白書によると、平成21年3月現在の弁護士数は2万6930人で10年前の約1・5倍に急増。この結果、これまで弁護士が受任することが比較的少なかったとされる従業員の不当解雇や交通事故のトラブル、養育費の支払い請求など、報酬が数万円程度の案件も積極的に受任する若手弁護士が増えているという。

 一方、弁護士以外で法律にかかわる士業者は司法書士や行政書士のほか、税理士、公認会計士、社会保険労務士など多岐にわたる。しかし、それぞれの担当業務が熟知されているわけではなく、依頼者はだれに相談すればよいか分からず、探し方も知らないのが現状だった。

 こうした中、大阪や神戸の若手士業者らでつくる「関西士業交流会」を主宰する社会保険労務士の天野勝規さん(33)が顧客の開拓と利便性向上を図ろうと、20年2月に士業者検索サイト「まほろば」を開設。現在は税理士や社会保険労務士など10種類の士業者約250人が登録し、毎月2万人が閲覧するまで成長した。

 まほろばには当初、弁護士も登録していたが、士業者の非弁活動をめぐり監視を強めている大阪弁護士会が「弁護士の選定に関与すれば非弁活動にあたる」とクレーム。このため、今年1月末に弁護士の登録を抹消した。

 職域をめぐって「弁護士」対「他士業」の構図が鮮明になる中、まほろばのメンバーは士業者同士のネットワークを生かした「ワンストップサービス」にも乗り出した。例えば、依頼者から遺言の相談を受けた司法書士が、サイトに登録している税理士に相続税の相談を引き継ぐなど、顧客の“囲い込み”で対抗している。

 天野さんは「今後はインターネットにとどまらず、別の士業者同士が事務所を合併するなどつながりを深めることで『ワンストップ化』をより強化する流れになるのでは」と話している。

【関連記事】
45歳白羽の矢!八代弁護士、俳優デビュー
学校現場の「問題」解決を支援 弁護士、精神科医らがチーム 千葉
僧侶に税理士…“専門家バー”活況 ほろ酔い気分でお勉強 
沢尻エリカ、弁護士と離婚協議打ち合わせ
中国の人権派弁護士、再び行方不明に
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

「牛と衝突」軽乗用車大破、男性重傷 (読売新聞)
鳩山首相と小沢幹事長に「辞任要求」 「1年生」横粂議員たった一人の反乱(J-CASTニュース)
<たこ焼き>爪楊枝か、割りばしか…食べ方いかに?(毎日新聞)
管理栄養士国試の合格率、32.2%(医療介護CBニュース)
【話題の本】『朝イチでメールは読むな! 仕事ができる人に変わる41の習慣』(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。